主婦必見!お昼の時間帯で稼げる高収入バイト5選

主婦の方こそ働きたいけど、「お昼のパートじゃ物足りない」や「時間の融通きく所じゃないと働けない」「自分で自由に使えるお小遣い稼ぎがしたい」など、悩みは様々ですよね?

高収入バイトは、夜の時間帯でのお仕事なイメージが強いと思いますが、お昼の時間で稼げる高収入バイトがあります。

今回は、“お昼の時間帯で稼げる高収入バイト”をご紹介します。

また、お仕事内容と収入・メリット・デメリットを包み隠さず紹介しているので、自分に合ったお仕事を選んでみてください。

昼キャバ

お仕事内容

キャバクラのお仕事は、基本的にお客様のお酒(簡単な水割り炭酸割り等)を作り、楽しく会話をする接客業です。

ドリンクバック指名バック同伴バック等で時給や日給とは別に、ボーナスが貰える高額収入のシステムもあり、頑張れば頑張った分稼ぐことができます。

しかし、同伴やアフターは勤務時間外となり、時給には換算されず強制ではありません。(店舗によっては同伴ノルマ等がある場合がございます)

同伴に行く行かないは自分の都合で決めることができますが、同伴やアフターをすることで、次回お客様が来店された際の指名に繋がります。

時間に余裕がある方は、営業活動の一環としてオススメします。

また出勤のシフトも、早朝から夜にかけて自分の希望勤務時間内で働くことができ、店舗によっては送り迎えしてくれるお店もあるので、面接の際に確認してみてください。

他にも、時間外業務の一環としてお礼連絡営業連絡(来店を促す連絡)をメールや電話等で行う営業活動があります。

この活動をマメに行うことで、指名やドリンクバック等に繋がり、人気キャストになり高収入を得ることが可能です。

収入

だいたい時給3000円〜の所が多いですが、人気キャストになると時給が昇給することもあります。

時給以外に、指名料やドリンクバック、同伴バック等で収入を増やすことができます。

時間外営業にはなりますが強制ではなく、頑張った分お給料に反映されるお仕事です。

メリット・デメリット

メリット

例えお店が暇で接客をしていない時間が長かったとしても、時給や日給制なのでお給料が減ることはありません。

つまり、営業時間内に店内が暇でお客様がゼロであってもお給料は発生します。

又、夜のお仕事としてイメージが強いキャバクラですが、お昼の時間帯での勤務時間となるので、パートやバイト感覚で高収入のお仕事ができます。

さらに、スナックやガールズバーに比べると1000円以上高い時給で魅力あるオススメのお仕事です。

もしお酒が飲めない方の場合でも、ノンアルコールでお仕事することも可能です。

しかし、飲めない事をカバーできる会話の知識量であったり、話題作りはなど努力は必要です。

お酒が飲める飲めないは、さほど関係ありません。

指名や同伴、ドリンクバックなどボーナスがつくお仕事ができるようになると、どんどん収入は上がり時給も高くなります。

人気キャストになることでどんどん収入は増え、人気キャストになることが高収入を得る最大の近道です。

デメリット

時給や日給のみでなく、ボーナスを得るために営業メールや営業電話、同伴アフターなどの時間外業務が大事です

しかし、時間外業務は時給や日給には該当しないため、仕事の勤務時間以外の時間外業務が厳しい方は、会話力や振る舞いでスキルがないと一定のお給料しかもらえません

さらに、お仕事をする際の準備費や必要経費が結構かかります。

・店内で着用するドレスやヒール等の衣装代。(レンタル衣装が用意されている店舗もありますがレンタル料が発生します)
・毎回セットサロンでのヘアメイク代。(専属のヘアメイクさんが常駐し無料で行ってくれる店舗もあります)
名刺代。(ほとんどが業者発注となります)
携帯電話料金。(営業活動で使用する通信費。個人携帯とお仕事携帯で分ける方もいらっしゃいます)

店舗にもよりますが、同伴や売り上げのノルマがあり、達成できなかった場合に時給減給や罰金制度等もあるので、注意して面接の際に確認してください。

チャットレディー

お仕事内容

パソコンとウェブカメラを使用し、インターネット上で男性ユーザーと会話をするお仕事です。

リアルタイムでのライブ配信となる為、365日24時間いつでもお仕事することが可能です。

基本的に事務所に在籍し通勤でお仕事を行いますが、通勤が難しい方は自宅にネット環境が整っていれば在宅(自宅配信)も可能です。

通勤か在宅かの2通りのスタイルから、自分に合ったお仕事スタイルを選ぶことができます。

男性ユーザーとの接続時間がお給料となりますが、最近は時給制を取り入れている事務所も出てきています。

収入

チャットレディのお仕事は基本的に完全歩合制です。

しかし最近では、時給保証の事務所も出てきています。

平均的な時給は3500円程度ですが、お給料のシステムとしてライブチャットは1分いくらの分給となり、男性ユーザーと接続されて初めて料金が発生します。

例えば、1時間男性ユーザーと接続され会話を進めることができた場合、時給は2700円となります。

しかし、一度にたくさんの男性ユーザーと接続するシステム(パーティチャットモード)があり、多くの人男性ユーザーと接続できれば、その人数分の料金が発生し、おのずと収入は増え時給換算すると高収入となります。

メリット・デメリット

メリット

365日24時間いつでもお仕事が可能で、自分の好きな時間に自分のリズムでお仕事をすることができます

直接男性に会うことなくお仕事ができるのも魅力の一つです。

インターネット上でのお仕事になる為、バーチャルの世界で名前や年齢等を偽って別人になりきって働くことができます。

事務所に在籍することで、パソコンやネット環境・衣装等の準備費用がかからず、すぐにでもお仕事をすることが可能です。

又、ネット環境さえあれば自宅でお仕事することが可能なので、通勤が難しい方でも在宅でお仕事できます。

デメリット

時給制ではなく完全歩合制のため、男性ユーザーと接続されない限りお給料は発生しません。

よって時給0円も稀にですがあり得ます。

デリヘル・ヘルス

お仕事内容

デリヘル・ヘルスは、ソープと違って本番行為はありません

デリヘルは出張ヘルスとも言われ、店舗ではなく男性のお家や指定されたラブホテルに女の子が派遣されます。

つまり、無店舗型の性風俗のサービスを行うのがデリヘルで、ヘルスは店舗に在籍し、店舗内で男性のお客様を待つ形となり、店舗型で性風俗のサービスを行います。

サービス内容は共通してキス、全身リップ、手コキ、フェラチオ、素股等で男性が射精することへ導くお仕事です。

収入

平均月収は50万円〜200万円程度で、平均時給は約9000円〜1万円程度です。

指名料やオプションのボーナスがありますが、完全歩合制なので、お客様がゼロの場合はもちろん収入もゼロになります。

メリット・デメリット

デリヘルのメリット

24時間いつでも働くことができます。(お客様からの依頼があれば)

比較的お金を持っているお客様が利用することが多く、ロングコースを希望するお客様が多数で、年齢層も幅広いです。

デリヘルのデメリット

ヘルスに比べて本番行為の要望が多いです。

無店舗型なので近くにスタッフがおらず、本番行為の要望があった際やトラブルが発生した場合も、全て自分で対応しなくてはなりません。

お客様の多い利用時間帯が夜から深夜であることから、お昼の時間帯はお客様の数が比較的少ない場合も多いです。

さらに、お客様が依頼した場所までの移動時間がかかる為、回転率はヘルスに比べると悪いです。

ヘルスのメリット

店舗型なので、近くにスタッフがいる安心感があります。

本番行為の要望やトラブルが発生した場合でもスタッフが対応を手助けしてくれます。

デリヘルと違って移動時間がかからない為、回転率がよく、稼ぐことができます

ヘルスのデメリット

店舗の営業時間が決まっている為、限られた時間内で働かなくてはいけません。

また、出勤の女の子が多ければ、店舗の部屋数に限りがあり、出勤制限をかけられる場合があります。

短時間のお客様が多いため単価が低くなり、稼ぐ為にはデリヘルに比べて接客人数を増やさなくてはなりません。

メンズアロママッサージ

お仕事内容

男性専用の完全個室でアロマオイルを使用し全身をマッサージするお仕事です。

システムとしては、60分、90分、120分、150分のコース(お店によって多少コース時間が異なります)があり、背面、表面、そけい部(股の付け根付近)のマッサージを行います。

基本的にアロママッサージを行うのみで、女性が脱衣や触らせる行為、男性の自慰行為を手伝うといったことはありませんが、そけい部は足の付け根の部位なので、際どい部位もマッサージするお仕事です。

また、オプションでコスプレや睾丸マッサージ、ヘッドスパ、足でのマッサージ等があります。

収入

60分で1000円〜2000円、120分で3500円〜5000円程度の完全歩合制です。

もしくは時給900円〜1500円の時給制を取り入れている店舗もありますが、ほとんどが完全歩合制です。

オプション料や指名料は、プラスでお給料に反映されます。

メリット・デメリット

メリット

あくまでマッサージを行うお仕事で、風俗のお仕事と違って脱衣や触られることはありません

マッサージが得意な方や資格を持っている方は、常連客を掴むことができ指名に繋がり、稼ぐことができます。

デメリット

風俗ではなくマッサージのみを行うお仕事ですが、完全個室のお店が多く、そけい部など男性にとって際どい部位をマッサージする為、エッチなお願いをされることがあります。

男性と二人っきりの空間で怖い思いをしてしまう可能性があります。

もちろん断っていいのですが、完全個室の為自分で対応しなくてはいけません。

断りきれない方や流されてしまう方にはオススメできません。

また、完全歩合制である為、お客様の来店がない場合はお給料0円がありえます

ソープ

お仕事内容

ヘルスやデリヘルとの大きな違いは、男性のお客様と本番行為が可能なお仕事です。

本来は女の子が入浴のお手伝いをするお仕事ですが、本番行為が可能なお店である為、本番行為を求める男性がほとんどです。

本番行為を行うことが可能な女の子でないと勤まりません。

完全個室で店舗内に数部屋あり、各部屋にお風呂が設置されています。

また、オプションでコスプレやローションを使用したマットプレイ等があります。

収入

平均月収は100万円〜300万円ですが、完全歩合制です。

高級店に在籍であれば、200万円〜500万円が平均月収となりますが、こちらも同様に完全歩合制となります。

女の子によって料金のバック率が違う為稼げる子稼げない子出てきます。

しかし、指名料やオプション料がつき単価が高い為、月100万円稼ぐにはあっという間です。

メリット・デメリット

メリット

風俗の業種では1番の高収入で稼ぐことができるお仕事です。

完全個室ですが店舗内での完全個室のため、男性スタッフが常時しており安心してお仕事をすることができます。

人気店に所属すると行列ができお客さんは絶えません。

たとえ指名がなかったとしてもお客様を接客することが可能で、指名がなくても、稼ぐことができます。

デメリット

本番行為が可能なお仕事なので、拒否することができません

また、入浴を何回も繰り返し行い本番行為もあるため、相当な体力を使うお仕事で精神面と体力面共に消耗します

また、店舗型で部屋数に限りがあるため出勤調整をされる場合もありえます。

さらに、風営法により朝9時から夜12時までしか営業できず、時間に限りがあります。(昨今、風営法の取り締まりが厳しくなっている為、優良店に所属することをおすすめします)

まとめ

いかがでしたか?

お昼の時間帯で主婦の方が稼げる高収入バイトがありますが、それぞれメリット・デメリットがあるので、自分が働けるお仕事選びを行なってください。

自分の空いた時間を有効活用し、稼いだお金でちょっと贅沢も素敵なライフワークです。

旦那さんには内緒で、自分が稼いだお金を自由に使える魅力を体験してみてはいかかですか?

↓↓CHATCUBEに応募する↓↓

http://chatlady-fukuoka.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です