たったこれだけ!チャットレディ専用のメイク・髪型とは

中級編

今日はチャット専用のメイク、髪型について紹介していきます。

メイクアップしよう

チャットは接客業です。

いかに可愛く見せれるか綺麗に見せれるかで稼ぎ方も変わってきます。

まずはフルメイクのポイントを教えていきます。

目元


目元は可愛くクリッとした目元、そして潤んだ瞳がポイントです。

アイシャドウはあまり濃くせず、ナチュラルなカラーを選びます。

薄いピンク、ベージュ、淡いブラウンがおすすめです。

ラメ感はあまり映像には反映されませんので、マットなカラーが良いです。

アイラインはしっかり引きます。

黒目がちな可愛い目になりたい場合は黒目の上のラインを少し太く引きましょう。

目尻は可愛い系ならタレさせる、セクシー系ならば少し跳ねあげましょう。

マスカラはしっかりします。ダマにならないように丁寧にしましょう。

つけまつげはそこまでチャットではうけはよくありません。(つけたい人は不自然にならないようにつけましょう。)

涙袋

チャットで大事なポイントは涙袋です。

まず、明るいカラー(白っぽいベージュ、ピンク)を目の下に入れます。

そして目から5ミリほど下にブラウンのアイシャドウまたはアイブロウパウダーで影を書いていきます。

映像ですので実際より濃いめに書いて作っても大丈夫です。

少し綿棒で境目をぼかして完成です。

このとき、クマが出やすい人はコンシーラーで消しておきましょう。

チーク

チークは可愛い系の女の子は小鼻の横からハート型のようにチークを入れましょう。

肌色が白い女の子は少し青みがかったピンク、肌が健康的な色の女の子はサーモンピンクがおすすめです。

セクシー系の女の子は黒目の下からこめかみに向かって斜めにチークを入れてください。

血色が悪いように見えてしまう場合は、耳たぶとあご先に少しチークを入れると火照ったように見えるのでおすすめです。

口元


リップはマットな口紅を塗った後にグロスを重ねるようにしてください。

色は血色がよく見えるカラーにしましょう。

ショッキングピンクや、濃い赤は少し控えた方がいいです。

もともと唇の血色があるように見えるような自然なカラーがおすすめです。

特に顔出しをしない方は口元だけが見える状態になりますのでリップは大事です。

口元が素敵な女性だったら男性ユーザーは素敵な女性を想像します。

ハイライト・ローライト(シェーディング)

ハイライトとは高く見せたいところに白を入れます。

入れるところは鼻筋と、目尻下から眉上までコの字を描くように入れます。

顎下にも細く入れると顔がほっそり見えます。

ローライトとはハイライトとは逆で細く見せたいところに暗い色を入れて影をつけるイメージです。

鼻筋にハイライトを入れた横にローライトを入れて鼻を細く見せます。

あまり入れすぎると宝塚のような舞台メイクになってしまうので薄くなじませるように入れましょう。

チャットは映像ですので凹凸を作ることも重要です。

チャット用の髪型

大事なのは前髪

チャットでは前髪は重要です。

前髪なしの髪型より前髪がある方がカメラに映ったとき数倍可愛く見えます。

おすすめはアイドルグループのように前髪を7:3で少しだけ分ける前髪です。

前髪がないけど、切りたくないという方はウィッグをかぶったり前髪だけのウイッグをつけたりすることもできるのでそちらで挑戦してみましょう。

髪色

黒〜ダークブラウンが一番人気があります。

個性的な髪色もおしゃれですが、女性ウケはしますが男性ユーザーからはどうしても嫌煙されがちです。

ナチュラルなツヤのある髪の毛が女性らしく良いでしょう。

髪型

ボブ、ミディアム、ロングどれもチャットでは好評です。

気をつけるのは清潔感がある髪型です。

たまにアップスタイルなどして男性ユーザーをドキッとさせちゃいましょう。

ウィッグも可能

髪型を変えたくない、髪色を変えたくない方にはウィッグが簡単に髪型を変えられて便利です。

実際カメラに映ってみるとそんなに違和感はありません。

フルウィッグや前髪ウィッグを常備している事務所もありますのでいろんな髪型を試すこともできるかもしれませんね。