ライブチャットのアダルトサイトってどこまでするの?【アダルトチャットのやり方】

ライブチャットのアダルトサイト。稼げるのは分かるけど、実際「どこまでするの?」「アダルトなことって具体的にどんなことなの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

面接に来る子は、アダルトでやろう!と意気込んでいても、とっても身構えてくる方が多いです。笑

 

でも面接に行く前にどんなところか知ることで、自分にもできるかも!とハードルをあげすぎずに済むと思います。

今回は、アダルトサイトではどんなことをするのか、どこまでして大丈夫なのかを詳しく説明していきます。

◯筆者のプロフィール◯

チャットレディって何するの?と何も知らないまま面接に行って身構えた1人です。笑

でも今はとっても楽しくチャットをしています*

なぜチャットが楽しいのかをどんどん発信していきます(^ ^)

みゆきの詳しいプロフィールはこちらから*

アダルトチャットとは?

アダルトチャットとは、ライブチャットの3つのカテゴリーの中の1つです。

他にノンアダルトフロア、人妻フロアとありますが、アダルトフロアでは男性ユーザーがエッチな要求をすることができるようになります。

ノンアダルトフロア=お喋り可能、脱衣行為不可

アダルトフロア=お喋り可能脱衣行為可能

(※人妻フロアもアダルトフロアと同じです)

というように、お喋り+脱衣行為OKというだけです。そのため、普通にお喋りを楽しむ男性ユーザーも多くいらっしゃいます。

最近ではノンアダルトフロアで脱衣要求をしてくる男性ユーザーも多くいますので、個人的にはお喋りを純粋に楽しむお客様はアダルトフロアに多い気がします。

しかし脱衣可能なフロアですので、「脱ぎません!」というのは男性ユーザーを騙しているということになります。自分のできる範囲内で脱衣行為を行うようにしましょう。

アダルトチャットの方が稼ぎやすいのはなぜ?

面接に行くと「稼ぎたいなら脱いだ方がいいよ!」と、よく聞くフレーズだと思いますが詳しく説明してくれるところは少ないと思います。それだけ言われるとなんだか危ないバイトのような気がして嫌ですよね。

なぜアダルトチャットの方が稼げるのか?その理由は3つあります。

1つ目は、他のフロアに比べて男性ユーザーの人数が多いこと。

ライブチャットが盛り上がるゴールデンタイムは22時〜2時と言われていますが、その時間帯の男性ユーザーの数はノンアダルトフロアに比べて3倍になります。そのため接続率がよく、待機の時間が少なくなり稼ぎやすくなるのです。

また、純粋にお話を楽しむだけなら「見た目」が1番重要です。しかしそこに少しでも脱衣行為が加わると男性は見た目よりもアダルトな行為の方に目が向くので、顔出しなしでも稼ぎやすいのです。

2つ目は、そもそもの単価が違うこと。

ノンアダルトチャットだと最高1分150pt〜、アダルトチャットは最高1分500pt〜。と、ここでもうすでに3倍以上の差があります。

ライブチャットで稼ぐためにはパーティチャットで人数を集めることが1番ですが、そんなにお客さんが入らない時間帯は2ショットチャットや双方向モードに誘う、など使い分けができるので稼ぎやすいのです。

3つ目は、お客様の質の問題。

昔からノンアダルトチャットでも「脱いで」「他の子も脱いでるから大丈夫だよ」という男性ユーザーも少なからずいました。しかし最近はそういうユーザーが4年前と比べ、2人に1人以上はいます。

脱がないと分かるとすぐにいなくなったり(ノンアダルトなのに何故?と思いますが笑)、そもそも純粋にライブチャットを楽しむ方が少ないので接続率が悪くなります。

逆にアダルトチャットだと「脱ぐなんて緊張するよね、だからまずお話ししようか」とこちらの気持ちを考えた上でお話ししてくれる方がたくさんいます。

また、「ノンアダルトなのに脱いで稼ぎたい子が多いから、お喋りを楽しみたい自分は居心地が悪い」と、アダルトフロアの2ショットでゆっくりお喋りを楽しむ方もいらっしゃいます。

アダルトチャットでも脱がずに稼ぐことも可能です。アダルトチャットだから脱がないといけない、のではなくアダルトチャットは脱衣OKというだけなので、脱いでも脱がなくてもどちらでもよいのです。

脱がずに稼ぐためのテクニックはこちらの記事で紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね!

脱がずに稼ぐチャットレディが実践している5つのこと

それでは、アダルトチャットとはどんなことをするのか?について説明していきたいと思います。

アダルトチャットの脱衣行為とは

最初に説明した通り、アダルトチャットは脱衣行為がOKのフロアです。

服を脱いだあと、どこまで見せて大丈夫なのかは以下の通りです。

・下着姿
・胸部
・陰毛(アンダーヘア)
・アナル
・自慰行為(おもちゃの使用も大丈夫です)

ライブチャットは、映像送信型風俗特殊営業の法律によって規定された範囲で行われています。

性器を露出する行為は公然わいせつ罪に該当するため禁止行為です。

しかし、極論を言うと性器を露出をしないよう注意すれば、全裸になっても大丈夫です

 

サイトの管理者が随時チャット内のパトロールを行なっており、性器が映像に映りそうな場合は警告通知がチャットレディ側のパソコン画面に表示されます。

そしてこのまま続行すれば性器が露出しそうであるとサイト側の管理者が判断した場合や、性器が露出してしまった場合にはお客様とチャットが繋がっている状態であっても強制終了となります。

もちろん、事務所・プロダクションの管理者が気づいた際でもチャットの強制終了を行うことができます。

強制終了を繰り返すと・・・

お客様に要求され、それに応えようと一生懸命に行なった行為であったとしても、サイトに出演してる以上、規約は守り、禁止されていることはやってはいけません。

チャットレディが強制終了をされてしまった場合、サイト側からペナルティーを課せられることがあります。最悪の場合、アカウント利用停止となります。つまりそのサイトでチャットレディとしてお仕事ができなくなってしまう可能性があります。

また、1時間以内に2回強制終了してしまうと、悪質な違反行為とみなされ、そのサイトでは2度とお仕事出来なくなってしまうので気をつけましょう!

と、怖い感じに書きましたが、筆者は4年間で一度も強制終了されたことはありません。気をつけて見えないようにチャットしていれば何の問題もありませんよ♪

では続いて、チャットの流れと気をつけるポイントを紹介します!

アダルトチャットの流れとポイント

男性ユーザーが入室してチャットが始まると、だいたいの流れはこうなります。

挨拶、会話→脱衣行為(疑似自慰行為など)→会話、挨拶

しかし、もちろん全てがこうなるとは限らないので、その人に合わせた対応をしていきましょう。

 

男性ユーザーの中には、チャットに入室してすぐに脱衣や、即エロを求めている方もいらっしゃいます。即脱ぎでチャットすると、短い時間で男性ユーザーは満足してしまいます。例えば10分で相手が満足してしまうと、こちらは1000pt〜1500pt (サイトによって変動あり)しか獲得ポイントがありません。

アダルトチャットで稼ぐコツは「見えそうで見えない状態をどれだけ維持できるか」です。

ですので、とにかく頭に入れていてほしいのは、「脱いで」と言われて全部脱がないこと

男性ユーザーに「脱いで」と言われても、上の服を脱ぐのか、ブラだけ脱ぐのか、キャミソールを脱ぐのか言われてませんよね?

もちろん相手の気持ちを考えながらチャットすることは大切ですが、相手のやりたいことを先回りしてやってあげるとポイントは伸びません!

ただ脱がない、ただ見せないのではなく、脱ぎながら見せながらじわじわチャットすることを意識しましょう。男性ユーザーもサクッと脱いじゃう女の子よりも、恥ずかしがりながらゆっくり会話をしていく中で心を開いてくれて「自分だから脱いでくれた」と思えることに優越感達成感があったりします。

 

では流れを1つ1つ詳しく説明していきます!

挨拶、会話

男性ユーザーが入室されたら、まず日常生活の中でも当たり前にする挨拶から会話を始めます。

例)「こんにちは、○○さん!初めまして、○○です!よろしくお願いします♪」

そして、「今日はお休みでしたか?」など、相手が何をしていたのか聞くと会話がスムーズに進みます。

大半のお客様はアダルトチャットとわかってチャットに訪れているため、会話もほどほどに、エッチなことをリクエストしてきたり、質問してきたりします。

例)「おっぱい何カップ?」

  「最近いつエッチした?」 

  「僕ムラムラしてるよ?一緒にしない? 脱いでよ。」

しかし、全てに応えなくて大丈夫です。

会話をしながら脱衣行為に移る方が自然と盛り上がるので、「脱いで」と言われて「はい!」とすぐ脱ぐのはやめましょう。「脱いで」と言われたら、なぜ脱いで欲しいのか?を聞くようにするといいでしょう。「もうむらむらしちゃったの。。?」や「もしかして触ってたの?」等がおすすめです。

そして事実を正直に応えなくても問題ありません。チャットレディ◯◯ちゃんのキャラとしての対応をしてください。

例)「おっぱいはFカップだよ〜/// ◯◯さんは大きいのが好きなんですか??」

  「最近かあ、、もう3ヶ月とかしてないよ〜><。 ◯◯さんはいつしたの?///」

  「わ、そうなんだ〜!◯◯のこと見たらそんな気分になっちゃったの、、?><///」

できる範囲でリクエストや要望は答えてあげましょう。

脱衣開始

それぞれの工程の中で、脱いだお洋服は必ずキレイに畳みましょう。

これも好かれる女の子のキホン!たったこの一手間をいれることで、「ちゃんとお洋服畳むなんて素敵な女の子だな」と思わせることができるのです。

上着を脱ぐとき

前開きボタンタイプのお洋服の場合1つずつゆっくりボタンを外して、前を開けたまま脱がずに、下着(またはキャミソール)を見せた状態をしばらく保ちましょう

その状態のままお話しながら揉んだり寄せたり、動きをつけつつ「脱ぐ気がある子」という雰囲気を出すことが大切です。

ボタンがないタイプのお洋服の場合は、脱ぐ前にお洋服の上から胸を撫でたり、揉んだりして見えない部分の想像をかきたてましょう。裾から服をまくりあげて、胸を寄せつつ谷間を見せる工程をいれたり、くびれを見せる工程を間にいれるとGOOD!

下着を脱ぐとき

下着を取るときは、肩ひもを片方(両方でも可)おろして、揉んだり寄せたりしながら徐々に脱いでいきましょう。

ホックを外す際は「後ろ。。ホック外してほしいな」と言いながら後ろを向いたりしてみてください。きっと「ポチッ」と言ってくれるはずです。脱ぐ途中にも会話を挟んでいきましょう!

下着を外したら手ぶらのまま保ちます。このとき下乳や谷間、どちらも綺麗に見えるように手はクロスせず手ぶらしましょう。脱いだ下着は「脱いだよアピール」+「可愛い下着つけてるアピール」になるので画面に映るところに置くべし!

下着を外したら1番注意すべきなのが乳首

男性はおっぱいを見たいのはもちろんですが、その中でも乳首を見るのがまず第一関門と思っています。下着を取ってすぐに見れる、それからずっと見えているとレア感がないですよね。

ですので、乳首はすぐ見せずにじわじわ見せていきましょう。一度見せたら見せっぱなしもダメ!見せてもまた隠しましょう。

ご褒美はたくさん待って得ると嬉しいものです。その心理を存分に活用しましょう。

【スカートを脱ぐとき】

脱いでるところが写らないアングルよりも、しっかり脱ぐところを写しましょう。

ソファなどに膝立ちして少しスカートを上にめくったりしながら「じゃあスカート脱いじゃうね」とアピールしながら脱ぐと男性ユーザーのお客様の興奮をあおることができ、男性の満足度も増します。

【パンツを脱ぐとき】

これもスカートを脱ぐ際と同様です。立ち上がってスカートをめくり、パンツに手をかけて”今から脱ぐよ〜”とアピールしながら脱ぎ始めましょう。

しかし正面からパンツを脱ぐところをしっかり写すとサイト側に強制終了されることもあるので、”今からパンツを脱ぐよアピール”をしたあとは、カメラのアングルを上に少しあげて、下半身がフレームアウトした状態で脱ぐと性器の露出を防ぐことができます。

脱いだ後は、片足の太ももあたりに引っ掛けておくことをオススメします。パンツを履いていない状態の生々しい感じを演出できるので、男性ユーザーは”自分が脱がせた”という感覚になり興奮を煽ることができます。

または、脱いだパンツをカメラにちらっと見せるか、クッションの上に置きましょう。そうすることで、途中から入ってきた男性ユーザーにも脱いでいることを証明できます。

パンツを脱いだ状態で下半身をフレームインさせる場合は、必ず手やクッション等で覆い隠してください。また、カメラに向かって体を横向きにして脱ぐことで性器の露出を防ぐ方法もあります。

疑似行為

さて、服をそれなりに脱いだり、会話を楽しんだあとは「疑似行為」といって「自慰行為(自分で触ること)」を求められます。要するに「疑似オナニー」「疑似エッチ」です。

女性なら分かると思いますが、性行為中に演技しますよね。それと同じで、触っているフリ、感じているフリをしましょう。ガチでやる女の子もいますが、もちろん全て演技で大丈夫です。その辺はもうお任せします。笑

基本的に「一緒に気持ちよくなろう」というスタンスで男性ユーザーは話してくるので、そのままノってあげてください。

例)「一緒に気持ちいいことしたいな。おっぱい触って」

  「◯◯の気持ちいいところ舐めるよ」

  「パンツの中に手入れて触るよ」

男性ユーザーは「俺が◯◯するよ」という言葉をよく使います。

「舐めるって言ってきてるけど画面越しだし舐めることできないのに???」と、初めてチャットをする女の子がよく戸惑うのですが、相手が触っていると思って触りましょう。

例)「◯◯さんの手、大きいですね、、///」

  「近いよそんなところ見ないでくださいっ、、><;;」

  「すごい、入るのかな・・?」

画面越しのコミュニケーションですので、”男性ユーザーの目となり手となり足となる”ことを意識するといいでしょう。

おもちゃがあると楽な場合も

男性のお客様の中には、おもちゃの使用をリクエストする方もいらっしゃいます。

男性のお客様から、ライブチャットのサイトを通してプレゼントしてくれる場合もありますが、大抵は女の子が自分で用意します。

・電マ
・ローター
・ディルド

これらの3つが主流ですが、最初はディルドがおすすめです。

ディルドでのフェラの仕草は男性ユーザーの満足度も上がり、女の子にとってもそれほど抵抗ない行為です。他にも手で握ったり、おっぱいで挟んだり、挿入するとき、と色んな場面で使えるのでとっても便利です。

挿入行為のときは性器の露出に注意しましょう。

カメラからフレームアウトしての挿入や、横向きになった状態でやりましょう。実際にいれるのは厳しいと思うので、これも演技で「入ってる感」を出しましょう。

例)「すごい・・入ってきちゃったっ、、」

  「ん・・・(吐息混じりに)」

  「あ、、、まだ動かないでっ。。><」

これらのセリフを喋りながら動くと、実際に入れてなくてもバレません。

電マ・ローターも同様に、パンツを脱いで使用する場合は性器の露出に注意しながら使用してください。

まとめ

いかがでしたか?アダルトチャットがどういうものか、少しはイメージできたでしょうか。

しかしアダルトフロアといえども、色々な男性ユーザーがいます。脱がなきゃ!見せなきゃ!ではなく、自分にあったチャットのやり方を見つけていきましょう。お喋りで常連さんを作ることももちろんできますよ!

そして魅せ方、焦らし方、パフォーマンス次第でもっともっと稼ぐことができ、自分の魅力や武器を見つけることができるのがアダルトチャットの良さだと思います。

それをプライベートで活用すれば男心くすぐるイイ女になれちゃう!

チャットレディを始める方は、まずは一歩踏み出すところから始めてみましょう♪

 

** CHATCUBEに応募する **

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です